複線型のキャリアパス

未経験者がシステムエンジニアの仕事に携わるには、プログラマもしくはインフラエンジニアとしてプロジェクトへ参加します。
キャリアを重ねることで、業務・戦略指向のエンジニアはコンサルタントへ、技術志向のエンジニアはITアーキテクトへとキャリアアップしていきます。
また、プロジェクトマネージャを目指したキャリアパスもあります。

研修制度
新入社員向け研修

内定者研修 (入社前・基本情報独習ゼミ)

半年間かけて、IT業界で働くための基礎知識を学びます。

対象内定者
期間入社前の半年間 (10月~3月)
内容「基本情報技術者試験」の合格に向けて書籍で勉強をして、eラーニングのシステムでテストを受ける「独習ゼミ」です。会社に集合してフォローアップ研修もしますので安心して受講できます。
目標新入社員が入社した4月に基本情報技術者試験に合格すること。

新入社員研修

IT業界のエンジニアとして必要な技術の前に、まずは社会人としてのマナーや報連相の重要性を理解するなど、基本的な働き方を習得して頂きます。
その後、実務に即した技術研修を同業他社の新入社員とともに進めます。
互いに競い合い共に助け合いながら研修を進めることでチームワークの大切さを学んでいきます。

対象新入社員
期間入社後の3ヶ月間 (4月~6月)
内容新人導入研修のあとにインフラコースとプログラミングコースに分かれて技術研修を受講します。 研修最後のカリキュラムではチーム毎にシステムを構築するプロジェクトを経験します。
目標実際の現場で働き始める前に先輩の指示や指導が理解できるための基礎知識をつけることと、チームワークで成し遂げた達成感を感じること。

新入社員OJT

新入社員研修を終えた後は、いよいよ先輩について実際の業務の進め方などを実業務を通して学んでいきます。
同時に、これからの業務に必要な人脈形成も行います。
このOJTを終えたら、もう「新入社員」ではなく「一人前のエンジニア」となります。

対象新入社員
期間入社後の半年くらいまで (7月~9月)
内容配属先の現場にて先輩社員のもと実務に携わります。
目標プロジェクトに貢献できる働き方を身につけることで、現場で必要とされる存在になること。

既存社員・新入社員 共通

IT業界のエンジニアは常に学ぶ姿勢が求められます。そして現場によって必要とされる技術は様々です。
そこで当社では、個別に何度でも参加可能なスキルアップ研修を用意しています。
目標設定とフィードバックを年2回実施して、会社がキャリアアップをサポートします。

プログラミング技術メソドロジ・開発方法論OSなどシステム基盤技術
データベース技術プロジェクトマネジメント知識ビジネスインダストリ知識
ネットワーク技術ヒューマンスキルUP 

このページのTOP